2019年04月25日

奨学金の放送大学による学生猶予は4月分に注意!!

放送大学に全科履修生で入学すると奨学金の学生猶予が受けられるということは最近ではメジャーになりました。
そうすると、手続きを毎年すれば10年間は学生猶予が受けられる計算になりますが、実は要注意な点があります!
それは手続きが遅いので、手続きをしても4月分は引き落とされてしまうということです!!

借りたものだから返すのは当たり前という考えの人もいると思いますが、それは恵まれてるから言えることだと思います。

奨学金を借りて返さない人と奨学金を借りないで全部親に払ってもらう人。どちらが偉いとかダメとか言えるのでしょうか?

本当に勉強したいのに金がなくて、学生猶予ができるからそれも計算に入れ、何とか入学金を捻出する人もいると思います。
その様な人に4月から猶予が使えないのはおかしいのではないでしょうか?
組織、機構がこんなことでは返したくなくなる気持ちもわかります。

貸しているから機構は偉いでは無いと思うし、借りたから立場が低いというのも違うと思います。

D71A4467-2ADE-406B-9443-890C147181B1.jpeg
posted by ワークライフバラン at 20:05| Comment(0) | ワークライフバランスを考えた生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ