2019年03月12日

スポーツ保険について

健康には運動は欠かせないと思います。
しかし、運動には怪我のリスクが付いてきます。。
そこで、こんな保険もあります。

D4521045-270D-4EB1-9DAB-78EA675B7C18.jpeg

この保険は、

4名以上のアマチュアの団体・グループがご加入いただけます(スポーツ活動以外の団体も加入できます)

という内容の保険です。

また、条件によりますが、年間1人800円からとかなり手頃です!

健康のために4人集めて入ってみてはいかがでしょうか?

通院1日から支払われるので、元が取れるかもしれません!
posted by ワークライフバラン at 21:35| Comment(0) | 健康

2019年01月03日

放送大学への出願!

放送大学に出願しました!!
私の場合、出願するために準備しておくものは、学生の種類とコースと受ける授業を1つきめることでした。

私は、学割を使いたいのと生涯的な長期学習をしたいために学生の種類は「全科履修生」を選びました。

コースは、悩みましたが、どうせ学ぶならば役に立つものとして身体とか健康とかを学べる「生活と福祉コース」を選ぶことにしました。
生活と福祉コースの授業を取っていくことで「健康福祉運動指導者」というは身体や健康を体系的に学んだ資格も取れます。
それが魅力的でした。

授業ですが、色々と興味はあったのですが、その中でも生活の中で役に立ちそうな「運動と健康」を選択しました。
この科目は健康福祉運動指導者の必須科目に入っています。

あとはそれらの項目をインターネット出願で選択していき出願し、入学に必要な書類を提出するだけです。

私は大学院を卒業しているため、入学に必要な書類は大学院の卒業証書のコピーで大丈夫でした。

三十代でこれから大学生です!
1科目だけなので、入学料2万4000円と授業料1万1000円の計3万5000円です。
その費用を払って勉強しますが、学割や奨学金の返済猶予、それで学んだことを利用した副業等を利用し、絶対元を取ろうと思っています。

見えない成果として健康系を学んで自分自身が健康になれば医療費も節約できますし。

684B7108-C5E0-4B61-8D6D-0265D18D38F0.jpeg
posted by ワークライフバラン at 17:47| 健康

2018年12月26日

放送大学エキスパート

今、放送大学の出願期間中です。
私は30歳を超えて自己啓発のため大学生になろうとしています!

そこで、科目とコースを選んでいるのですが、なかなか決まりませんでした。

そんな中、放送大学エキスパートというものを知りました。

放送大学エキスパートは各分野に対し、体系的に勉強できる指標になるし、最後は資格のように証書やカードも発行できるようです。

私はその中でも健康福祉指導プランに興味を持ちました。
そのプランを体系的に学ぶと健康福祉運動指導者が取得できます!


2439C91E-FE79-491A-BD11-86BE8A5A47D7.jpeg
また、これを目指してコースは生活と福祉コースを選択しようと思います!
posted by ワークライフバラン at 20:23| 健康

2018年12月17日

目指すべき体重、BMIとは?

体を考えるときに一番最初に思いつくのは体重かと思います。
目指すべき体重は何キロなのでしょうか?

4A7EABFA-F019-4788-A097-568CC5CF4173.jpeg
一般的に言われているのはBMIで22です。
これは上のグラフで示されているように疾病率が最低になる体重とのことです。

一方、死亡率とBMIの関係を記した様々な論文があります。

B27CE3EF-28BC-4DCB-B400-463DA759FE17.jpeg44BE543D-002D-48EC-9A3F-E303FD5A813C.jpeg

1CA8FCF1-A7DD-4BE8-AAB6-6FCF5CFE2CE7.jpeg

1A17A123-DF11-4461-8112-AB90E6A18872.jpeg

0E69EDA0-00E3-4DA9-9366-32C9CEAA74E4.jpeg35D80688-C693-47F6-947B-56821FCF3D85.jpeg

87EF45E0-7E4A-4009-95D7-5519D4784820.jpeg76D9C130-8155-4584-AFC0-149857EBFCCE.jpeg

これらのデータを見ると死亡に関しては22より太っている方が好ましい結果になっています。

むしろ25程度が良好なようです。

しかし、25では疾病率から考えると悪く、肥満となってしまいます。

そこで結論は、25に近く25を超えない。
つまり25の体重マイナス2キロ程度がベストではないでしょうか?

なぜ2キロかというと2キロ位の体重の増減は誤差だと考えたからです。

170cmでは70キロがベストなようです。


posted by ワークライフバラン at 13:15| 健康
Powered by さくらのブログ